国際マッケンジー協会日本支部

国際マッケンジー協会について

国際マッケンジー協会は、ニュージーランド政府に登録されている公益信託です。Robin Anthony McKenzieによって開発された健康回復の自助論、システムであるマッケンジー法®(McKenzie Method® of Mechanical Diagnosis and Therapy®)を世界各地に広めることを目的としています。マッケンジー法は、腰痛や首の痛み、手足の痛みなどで悩む人が、そうした症状によって損なわれている健康を、その人自身が主体的に回復することを支援するメソッドです。

協会の意志決定は、理事会によって行われています。理事会は、医療専門家、協会CEO、マッケンジー家の代表から構成されています。

協会の国際委員会は、マッケンジー法の教育に関するあらゆる事項について、理事会に助言する組織です。協会のシニアメンバーによって構成されています。

協会のビジョン

Our Vision
マッケンジー法®(McKenzie method, MDT, Mechanical Diagnosis and Therapy)を世界各地で、筋骨格系の問題における評価、施術、患者教育、患者の自律支援の第一選択肢とすることを目指します。

活動理念

Robin McKenzieによって考案された自助論を啓蒙、促進します。

マッケンジー法®を啓蒙、促進する対象は、次のような立場の人、団体、組織です:

  • 組織の運営者
  • 臨床家
  • 資金提供者
  • 一般社会
  • 健康・保健関連事業従事者
  • 法律、政策の立案者
  • 研究所
  • その他

世界に拡がる協会の活動

 

Japan Globe Branches Countries

国際マッケンジー協会は、世界28カ国に支部を持ち、各支部を通じて活動しています。支部がない国であっても12カ国において教育講習会を行っています。協会の活動は世界に展開し続け、支部も着実に増え続けています。

協会の活動地域は、アメリカ、ヨーロッパ、それ以外(アジア、大変洋地域、中東、アフリカ)と大まかに3つに分かれます。

McKenzie Institute International Structure

INTERNATIONAL BOARD OF TRUSTEES

International Director of Education
CEO
Executive Assistant for the CEO
International Education Committee

International Faculty Review Committee

Office Administrator

Public Health Committee

Website Manager

International Consultant

Certified McKenzie Clinic Network