資格課程

教育プログラム

マッケンジー法の適切な伝達を行うため、1982年に国際マッケンジー協会が創設されました。今日では、40カ国以上で筋骨格系の問題に対する第一選択肢としてマッケンジー法が推奨されています。それに伴い、国際マッケンジー協会に対する高い評価も世界中で拡がり続けています。

概要

国際マッケンジー協会公認インストラクターは、マッケンジー法のエキスパートです。マッケンジー法の教育課程を通して、あなたの人生を変える最高の経験を提供します。

国際マッケンジー協会による教育課程は次のような構成になっています:

講習会

各国で開催されている教育講習会は4つあります(Part A-D)。講義、実技、患者デモンストレーション等の要素から構成されています。腰椎コース、頚椎・胸椎コース、四肢コースがあります。Part AとPart Bの一部がオンラインで履修できるようになっている国もあります。

Part Aを最初に受講しなければなりません。最後に受講するのがPart Dになります。Part BとPart Cを受講する順番は、受講生の都合で決められます。国によっては、Part E(四肢コース上級編)もあります。

修了認定試験(Credentialling examination)

Part AからPart Dまで全てのコースを受講し終わったならば、修了認定試験の受験資格が与えられます。この試験は、マッケンジー法®の認定資格を得るためのものです。

ディプロマ(International Diploma)

ディプロマ課程は、マッケンジー法教育課程の最高峰です。この過程を修了すると、マッケンジー法のスペシャリストとしての名誉ある地位が与えられます。

マッケンジー法の教育課程は、協会本部の許認可を受けた各国の支部が運営しています。支部がない国では、協会本部が直接運営します

詳細はこちら

その他の教育プログラム

通常の教育講習会の他に、毎年、国際学会やリフレッシャーコースを通してマッケンジー法に関する情報を更新提供しています。国際学会では、様々なトピックをテーマとして取り上げて、マッケンジー法の有効性やエビデンスについて討議します。こうした機会についての詳細は、各支部にお問い合わせください。