修了認定試験

修了認定試験に合格をすると、国際マッケンジー協会によって、マッケンジー法®(MDT)を臨床で有効に活用できる基本的な知識と技量が備わっていることが認定されます。

試験は、筆記パートと実技パートから構成され、知識と技量が適切なレベルに到達しているかどうかを試験します。合格者は、Credentialed MDTという称号を使用することが認められます。またマッケンジー法の認定資格を所有していると言うことで協会のホームページでの紹介リストに登録される権利が与えられます。

受験登録が完了すると、マッケンジー法手技動画を閲覧することができます。

受験資格

  • Parts AからDを全て修了している
  • 医療・保健関係の資格を有している

臨床技量として重要な7つの要素:

  • 病歴問診
  • 理学検査
  • 結論
  • 治療の原則
  • フォローアップ
  • 予防
  • 手技

認定資格を取ることのメリット:

  • 合格者は、協会のセラピスト紹介リストに登録される権利を持ちます。この権利は、合格してから3年間有効です(更新制)。
  • 職場の同僚、同業者、社会、紹介元、会社、保険会社など、周囲からの評価が高まります。
  • 治験などの研究へ参加や協力ができます
  • マッケンジー法のトップレベルの臨床を続けられるようにするため、卒後教育の必要事項は満たさなければなりません:

Click here for MDT Certification CE Standards Policy