ディプロマ

「The Diploma in Mechanical Diagnosis and Therapy® 」の称号は、国際マッケンジー協会理事会が承認したディプロマ課程を全て修了した人に与えられるものです。

ディプロマ課程を修了すると

  • マッケンジー法の知識と技量を最高レベルで習得できます。
  • マッケンジー法に関する研究論文を的確に検索、理解、評価できるようになります。
  • 物事を吟味する能力、クリニカルリーズニングの技量が向上します。
  • メカニカルな施術の適応、不適応を見極められるようになります。
  • コミュニケーションの技量が向上します。
  • 専門家としての責務(法的、倫理的、文化的)についての理解を深めることが出来ます。

ディプロマ(Dip MDT)を取得すれば、筋骨格系の問題に対するセラピストとして、世界のトップクラスの臨床家の仲間入りが出来ます。

プログラムの概要

reach for excellence

ディプロマプログラムを受講するには、修了認定試験に合格していることが必要です。また、臨床を行っている、当該国で医療・健康業務の資格を有していなければなりません。さらに、ディプロマプログラムを履修できるだけの英語力が必要です。

ディプロマプログラムは、理論課程と臨床実習課程から構成されています。

理論課程

スコットランドのダンディ大学と国際マッケンジー協会との共同事業として実施される在宅教育のスタイルです。大学の1学期あまりの期間でおよそ週20時間の自宅学習で行われます。理論課程における合格が課程修了のためには必要です。

臨床実習課程

指定施設において最低360時間に及ぶ臨床実習が行われます。実習では、様々な筋骨格系の患者を担当しエビデンスに基づく臨床実習が行われます。実習は、国際マッケンジー協会が任命した実習指導者のもとで行われます。指導者は、実習期間中に実施される定期評価を含む評価によって実習生を臨床技能を評価します。

現在、臨床実習施設は、アメリカ、スコットランド、デンマーク、スウェーデン、ベネルクス(オランダ・ベルギー・ルクセンブルク)にあります。  

履修期間

理論課程:ダンディ大学の1学期間
臨床実習課程:360時間

補足:理論課程、臨床実習課程の双方を理論課程開始から3年以内で修了しなければなりません。

応募資格

次の資格を有していること:理学療法士、カイロプラクター、医師。

その他の資格については、お申し込み前にdiploma@mckenzieinstitute.orgまでお問い合わせ下さい。

その他の事項

申請期限:毎年12月19日締め切り
過程開始:毎年1月
定員:20名

応募は、所定の規定によって受付されます。

Full details for the Diploma MDT Programme

マッケンジー法ディプロマ

クリックしてダウンロード